給湯器の燃焼効率を上げるにはこまめに交換しよう

キッチン

自分に合った機種を選ぶ

作業員

自分に合った号数を選ぶ

日常的に給湯器を使って、お湯を使用する機会というのは多く存在します。お風呂やキッチンでの家事など、給湯器が無ければ日常生活は非常に不便になります。そんな給湯器ですが、気をつけなければならないのは、出力の指標となる号数についてです。号数というのは早い話が、お湯をどれだけ出せるか、という能力を示しています。詳しく述べると「水温+25℃」のお湯を一分間に出せる量を表しています。市販されている給湯器は基本的に10号から28号くらいまでですが、号数が高くなればなるほど一度に出せるお湯の量は増えます。一人暮らしであれば、16号程度で十分な給湯能力を得られますが、家族で暮らしているのであれば、20号以上が基本となります。号数が高くなると一度に使えるお湯の量は増えるので、シャワーを浴びている最中に、家族が洗い物をするといった家事を同時に行う事も可能になります。

給湯方法の違い

給湯器には使用するエネルギー源にも種類がありますが、給湯方法にも種類があります。まずは貯湯式という方法がありますが、こちらはあらかじめタンクなどに水を貯めておいて、それをヒーターで温めてお湯にしておくというものです。電気式の給湯器はこちらの方法が主に用いられます。特徴としては比較的構造がシンプルであることが多く、修理やメンテナンスがしやすい事と、湯の温度が安定しているという事があげられます。もう一つは瞬間式という方法です。これは加熱した金属のパイプに水を流して瞬間的に水を加熱する方法で、主にガス式などはこちらの方法がとられています。必要な量のお湯を必要な分だけ得られるので、給湯器本体に無駄がないので省スペースで設置できます。

Copyright© 2016 給湯器の燃焼効率を上げるにはこまめに交換しよう All Rights Reserved.